新しいサイトはこちら

休館日カレンダー

あかいくつ劇場・多目的室イベント開催情報 お得なご優待・割引券のご案内
お問い合わせ

© 横浜人形の家 All rights reserved.

kattyuu

20153/24

【終了】五月人形 武将甲冑展

【開催期間】2015年3月27日(金)〜4月26日(日)
【会場】横浜人形の家3F 企画展示室

横浜人形の家所蔵の歴史のある五月人形の展示のほか、甲冑工房「鈴甲子雄山」による伝統的な甲冑作品、節句という枠にとらわれない新しい人形づくりを展開する人形工房「壹三」による現代の五月人形などを展示します。

■□おもな展示作品□■

【横浜人形の家所蔵作品】

shozou

 ■□見どころ□■

伊達政宗、徳川家康、織田信長などの戦国武将たちが愛用したという国宝、重要文化財クラスの兜や鎧の模写作品を展示。勇ましさの中に美しさもある精巧な作りは見応えがあります。

kabuto

nobunaga

 ■□現代風のユニークな武将たち□■


■□端午の節句□■

端午の節句は、災いや病気など良くないことが起こらないように、元気で長生きができるようにと願う日本では奈良時代から続く古い行事です。 その由来は、中国東周時代の政治家 屈原(くつげん)を供養するために始まったといわれています。 自然災害や病気が魔物(まもの)によるしわざだと信じていた当時の人々は、災いなどから身を守るために菖蒲湯をたてたり、 ちまきや柏餅を食べることで身を守り、防ごうとしていました。 その為「端午の節句」は、「菖蒲(しょうぶ)の節句」とも言われており、 時代が武家社会に移ると、「菖蒲」を「尚武(しょうぶ)」という言葉にかけて、武士を尊重する「尚武の節句」へと変化していき、 男子にとって身を守る大切な「兜」や「鎧」を飾るようになったといわれています。


◆甲冑工房「鈴甲子雄山」公式サイト ◆人形工房「壹三」公式サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

main_visual

20163/4

3/11(金)〜ジャッキーとおさんぽ!くまのがっこうワールド展

やさしいおにいちゃんくまのこたちといたずらできかんぼうのおんなのこジャッキーの あったかいお話の絵本「くまのがっこう」の世界を満喫できる企…

rally

ジャッキーを探そう!「くまのがっこうスタンプラリー」開催中!

絶賛開催中の「ジャッキーとおさんぽ!くまのがっこうワールド展」! この期間中、「くまのがっこうワールド展」をさらに楽しめる「くまのがっこう…

ページ上部へ戻る